嫁が家事が下手な理由や原因は?改善法・解決法を紹介

Pocket

結婚するまで嫁が家事をできるかどうかは詳しくは分かりません。

なぜか男の方は嫁は家事が出来て当然。と思っているようですが、

実際は家事が苦手な女子も数多くいます。

 

嫁が家事が得意であれば問題ないですが、

家事が下手、または苦手という方も少なくありません。

嫁の家事が下手な理由や原因は、どういったものがあるのでしょうか?

今回は嫁の家事が下手な場合の解決法もあわせて、ご紹介していきます。

 

もし嫁の家事が下手だったらどうする

 

昔も今も男性は、「女性は家事ができるもの」と思っている方が多くいます。

そのため、結婚して嫁の家事が下手だったらがっかりしてしまう

…という声も多く聞かれるのです。

 

一人暮らしと家族がいる家事は違う

結婚前に付き合っていたときは気にならなかったのに、

結婚して初めて嫁の家事が下手なことに気付いた…という夫も少なくありません。

 

一人暮らしの家事は自分のペースで全てでき、

仮にできていないことがあっても自分が困らなければ何も問題はありません。

しかし、家庭を持つと自分だけでなく相手のことも考え、

家事を行うことが増えさらに量も多くなります。

 

家族の場合は、家のメンテナンスも含まれてきます。

一人暮らしのときとは同じように家事ができないため、

段取りを考えて行動しなければいけません。

 

家事が下手にも程度がある

一言で「家事が下手」といっても、

・時間はかかるけれど、終わった家事は完璧にできている

・何をやれば良いか分からず、何も手が付いていない状態

とでは、全く状況が変わってきますね。

 

嫁の家事が下手なことに対策を立てるためにも、

まずは嫁がどちらのパターンなのかを把握しておくと良いかもしれませんね。

 

嫁が家事が下手 理由は原因は

 

嫁の家事が下手なのは、怠け者だからなのでしょうか?

それとも親のせいなのでしょうか?

 

嫁が始めから家事をやる気がないのであれば怠け者といわれても、

仕方がないのかもしれません。

しかし、やる気があっても次のような理由から、家事が下手&苦手ということがあるのです。

 

家事の段取りが分からない

家事はやることが多いため、段取りよく進めていかなければ終わりません。

しかし、

・子どもの頃に家事を手伝った経験がない

・実家暮らしが長く、家事は全て親がやっていた

という場合は、掃除1つにしても何をどこから初めていいのか分からない場合があります。

 

1つの家事に時間をとられすぎることで、

気が付いたら他の家事をする時間がなくなっていた、ということも…。

 

段取りや時間の使い方が下手なので、

家事以外では出かける直前にいつもバタバタしてしまう、

ということも多いかもしれませんね。

 

自分の親と無意識に比べてしまう

嫁の母親が家事を完璧にこなしていた、嫁自身も完璧主義である場合は、

家事の基準が高くなっている可能性があります。

 

その基準まで達することのできない自分や、

親と比べて家事が下手といったコンプレックスから、

家事に対して強い苦手意識を持っているかもしれません。

 

一気にやろうとする

「面倒だから明日やろう」とすぐにやらずに、

どんどん後回しにしてしまうと行う家事は膨大な量になります。

溜まった家事に気付き、一気にやろうとするけれど

何からやればいいのか分からずに結局何もできなかった、となりかねません。

 

体調が悪いときは無理をする必要はありませんが、

あまり家事を溜め過ぎないように意識することが大切です。

 

夫からのプレッシャーが大きすぎる

最近では、家事を完璧にこなす男性も増えてきています。

嫁よりも夫のほうが家事能力が高いと、

一般的に周りから見れば家事が下手ではないのに夫からは「家事が下手」とみえます。

 

夫のほうが家事能力が高いといったプレッシャーやストレスが原因で、

思うように家事をすることができず本来できるはずのこともできなくなり、

「家事が下手」となっている可能性もあるかもしれませんね。

 

 

嫁が家事が下手でも解決法はある 夫メインや家事最新家電など

 

ここからは、嫁の家事が下手な場合の解決法をご紹介していきます。

 

夫がメインで家事を行う

妻の家事が下手で、夫のほうが家事能力が高いのであれば、

いっそのこと夫がメインで家事を行うという方法もあります。

 

別に家事=嫁の仕事とは決まっていません。

世の中には家事をする夫はたくさんいます。

仕事の形態にもよりますが、フリーランスなどの仕事をしている方などは、

ほとんどの家事をこなす方もいますね。

 

最新家電を導入する

嫁の家事が下手なのを家電で補う、という方法もあります。

三種の神器と呼ばれている

・掃除ロボット

・食器洗い乾燥機

・乾燥機能付き洗濯機

を導入してみるのも、おすすめです。

 

夜寝る前や外出前にセットしておけば掃除ロボットが、

食器は食べ終わったものを入れスイッチを入れるだけ、洗濯は干す手間も省けますね。

 

家事代行サービスを利用する

どうしても家事ができない場合は、家事代行サービスを使うのも良いでしょう。

家事代行サービスは掃除から洗濯・料理までやってくれるので、

定期的に利用することで家の中を快適な空間に保つことができます。

 

また、プロの人の動きを見てどのように動けば良いのか、

と勉強することもでき一石二鳥といえるかもしれませんね。

 

家族全員で家事を担当していく

子どもがいてある程度大きい場合は、家族全員で家事を分担していくのも1つの方法。

ロボット掃除機のボタンを押すだけでも子どもの任せることによって、

床にあるものを進んで片付けてくれる可能性もあります。

家族で家事を分担していくことで、今まで以上に家事に意識が向き

嫁のやる気アップにもつながるかもしれません。

 

 まとめ

嫁の家事が下手な原因には、

・家事を行う段取りが分からない

・溜めておいて一気に家事をやろうとして、自滅してしまう

・夫のほうが家事ができる

といった理由があります。

 

家事はこなせばこなすほど、上達していくもの。

下手だからといって家事をしないようにするのではなく、積極的に行う気持ちも大切です。

自分1人ではどうしても難しい場合は、

・家族に協力を頼む

・家事代行サービスを利用する

・便利な時短家電を導入する

といったように、行いやすいものを実践しても良いでしょう。

 

誰にでも得手・不得手はあります。

たまたま嫁が家事が苦手だっただけ。特別な事ではありません。

対処法はいくらでもありますので、前向きにこなしていきましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です