今村夏子がかわいい!学歴・結婚・年齢や漫画家になりたかった過去

今村夏子 かわいい 結婚 学歴
Pocket

令和最初となる第161回芥川賞は、今村夏子さんの「むらさきのスカートの女」に決まりました。

古市憲寿さんはまた受賞しなかったみたいですね。

数々の受賞歴を持つ今村夏子さんを調べました。

 

今村夏子がかわいい 学歴・結婚・年齢

生年月日:1980年2月20日

出 身 地 :広島県広島市安佐南区

家族:  2013年に結婚

学歴:広島の高校、大阪の大学(詳しいことは公表されていません)

(引用元:ヤフーニュース)

過去の受賞作品

【主な受賞歴】
太宰治賞(2010年)「あたらしい娘」

三島由紀夫賞(2011年)「こちらあみ子」

河合隼雄物語賞(2017年)「あひる」

野間文芸新人賞(2017年)「星の子」

そして・・
芥川龍之介賞(2019年)「むらさきのスカートの女」
今村さんは、2016年の「あひる」で候補作に選ばれてから、3度目のノミネートでの受賞となりました。

「むらさきのスカートの女」はホテルの清掃員として働くことになりますが、今村さん本人も大学卒業後は就職をしていません。

25歳から30歳ころまで、ホテルの清掃員のアルバイトをしていたそうです。

実体験があり、リアルな描写も評価されたのでしょう。

 

結婚・娘の年齢は

 

2013年に結婚し、大阪市内で夫と娘と3人暮らしをしています。

娘さんは2017年頃に生まれたそうなので、現在3歳か4歳くらいでしょうか。

2014年に起きた広島土砂災害では、泥水が実家の周囲に押し寄せ、祖母の墓が流されたそうです。

 

今村夏子さん 本当は漫画家になりたかった。

今村夏子さんは大学卒業後、清掃のアルバイトをしていた時に職場で「あした休んでください」と言われた帰り道に、突然小説を書こうと思ったそうです。

小説を書き始めたのは29歳

「作家ってなんとなくかっこいいと思って」書いた「あたらしい娘」(後に「こちらあみ子」に改題)が太宰賞を受賞します。

その前は漫画家になりたかったというが、絵を描くのが苦手らなのであきらめたみたいです。

小説の執筆はつらく、嫌だと思う時の方が多いとこぼすが、「書くことに集中している一瞬が楽しい。あの楽しさを味わいたくて書いています」と話しています。

今村夏子さんおめでとうございます。

 

星の子が映画化に

2020年に今村さんの本「星の子」が映画化されました。

芦田愛菜さん、永瀬正敏さん、原田知世さんと豪華俳優陣。

宗教にのめり込む両親。その家族の物語で、話題作です。

あらすじ

大好きなお父さんとお母さんから愛情たっぷりに育てられたちひろだが、その両親は、病弱だった幼少期のちひろを治した“あやしい宗教”を深く信じていた。

中学3年になったちひろは、一目惚れした新任のイケメン先生に、夜の公園で奇妙な儀式をする両親を見られてしまう。

そして、彼女の心を大きく揺さぶる事件が起きるー。

感想

 

まとめ

芥川賞を受賞した今村夏子さんについて調べました。

今村夏子がかわいい!学歴・結婚・年齢や漫画家になりたかった過去の記事でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です