安田純平の現在(2024年)は無職?収入や仕事は

yasudajyunpei-genzaishigoto

シリアで40カ月拘束されたジャーナリストの安田純平さん

2018年に解放された後は外務省からパスポートの発給を拒否されていて、海外に行けない状態となっていました。

安田純平さんは2024年現在は仕事や収入はどうしているのでしょうか?

妻の深結さんがアーティストとして世界で活躍しているのかも調査しました。

安田純平の現在の仕事や収入は?ジャーナリスト?

安田純平さんの職業は今もフリーのジャーナリストとなっています。

ジャーナリストとは、メディアに記事や素材を提供する職業で、安田純平さんは主に海外の危険な地域での取材を主に行ってきました。

しかし、現在は海外へ行くためのパスポートが発給されないためにジャーナリスト活動は行っていないようです。

となると、収入源は何があるのでしょうか

安田純平さんは書籍を出版しています。

  • 戦争取材と自己責任(2019/11/27発売)
  • 自己検証・危険地報道(2019/08/09発売)
  • シリア拘束安田純平の40か月(2018/11/29発売)
  • ルポ戦場出稼ぎ労働者(2010/03/17発売)
  • 誰が私を「人質」にしたのか イラク戦争の現場とメディアの虚構(2004/12発売)
  • 囚われのイラク 混迷の「戦後復興」(2004/5発売)

本の印税は約10%、1冊売れれば100円から200円の収入です。現在メディアにもあまり出ない安田純平さんの書籍はそんなに爆発的に売れないでしょう。

その他には講演なども行っているようです。

安田純平の講演

安田純平さんは講演活動を精力的にしているようです。

安田純平さんほどの貴重な体験をした人ならば、講演料は少なくても30万円から50万円以上はすると予想されます。

月2回くらいあれば、生活には困らないでしょう。

ジャーナリスト安田純平の妻・深結が世界で活躍

安田純平さんの妻はヒーリングシンガーの深結(Myu)さん。

深結(Myu)さんは島根県遣島使(親善大使)/出雲観光大使を務めています。

出雲大社では奉納歌唱を10年連続で継続中、過去には安倍昭恵元総理夫人とのスペシャル対談なども行っています。

そして、その活動は日本だけでなく世界にも向けられアジアでの国交樹立式典やASEAN、地球環境の日、アースデイなど世界を結ぶイベント出演。

インドネシア、オーストリア、インドの聖地などでも癒しの歌を歌っています。

世界的なアーティストの深結(Myu)さんが妻となれば、生活にも困らないでしょうね。

ジャーナリスト安田純平の妻・深結(Myu)

本名:安田 由美(旧姓:松村)

アーティスト名:「Myu」または「安田深結」

生年月日:1969年7月29日

年齢:54歳

出身:鹿児島県

家族:夫(安田純平)、子供なし

ジャーナリスト安田純平の現在の仕事や収入は?まとめ

安田純平さんの現在の仕事や収入などをまとめました。

外務省からパスポートの発給を拒否された安田純平さんは、書籍の執筆や講演活動などを仕事とされているようです。

収入は講演1本で40万から50万円前後になると予想され、生活には困っていないと思われますね。

また、奥様も世界的なアーティストで現在も精力的に活動しています。

sasakirouki-kuromakuitsyatyoudare

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です