小学館やらかし問題まとめ!原稿紛失や編集者と漫画家のトラブル8選

syougakkan-mondaimatome

「セクシー田中さん」の原作者で漫画家の芦原妃名子さんが急死した事件を受けて、小学館は社員向けの説明会を開き、経緯などを社外発信する予定はないと説明。

芦原さんの急死は、小学館と日本テレビにも責任があるのでは?

小学館の対応が悪すぎると話題です。

調べてみると、小学館には漫画家とのやらかしトラブルが過去に多数あったことが分かりました。

小学館やらかし問題不祥事は8人

芦原さんの急死に対し、対応が悪いと話題の小学館。

過去にもやらかしが多数あったことが判明。

  • 「金色のガッシュベル」雷句 誠先生も小学館と決別してる
  • 渡瀬悠宇先生の件で小学館自体にはあまりいい印象がない
  • 「ワイルドライフの連載中にいいことなんてなかった。」
  • しろくまカフェ原作者、小学館編集部にファンレターなどをすべて廃棄された
  • 『海猿』も『いいひと。』も『YAWARA!』も小学館だしね。

小学館が過去にトラブルとなった漫画家は少なくとも8人いました。

(実写化でのトラブルもあります)

  1. 快感♡フレーズの新條まゆ先生
  2. しろくまカフェのヒガアロハ先生
  3. 金色のガッシュの雷句誠先生
  4. いいひと。の高橋しん先生
  5. YAWARAの浦沢直樹先生
  6. アラタカンガタリの渡瀬悠宇先生
  7. ワイルドライフの藤崎聖人先生
  8. 海猿の佐藤秀峰先生

それぞれ詳細を調べました。

 

小学館やらかし問題不祥事7選!過去の漫画家トラブルまとめ

アニメ化や実写化などで漫画家とトラブルが多い小学館。

原稿を紛失する

原作の脚本を1行も使われずに実写化

人間性を否定されるような事があった

など過去に多数のトラブルを起こして、小学館の連載を辞めた漫画家も多くいます。

快感♡フレーズの新條まゆ先生

新條まゆ先生は過去にブログで、小学館の編集者から酷い扱いを受けたと綴っていました。

  • 新人の頃に「お前はウジ虫みたいな漫画家なんだから、ウジ虫はウジ虫なりにない知恵しぼって漫画描け!」
  • 「お前はどう努力しても連載作家にはなれない」
  • 半年間コンビニにも行けず、月産120ページをこなし、睡眠時間の平均が3時間を割るような状況
  • 小学館を離れることを告げると、「だったら、いままでの出版物を全部絶版にする!」
  • 小学館の少女漫画雑誌の一番偉い方には「甘ったれるんじゃない!」と言われた

しろくまカフェのヒガアロハ先生

  • 契約書が作成されないままアニメ化の話が進行?
  • 無期限休載するというツイートしたら、翌日小学館へ呼び出されて、編集長とメディア事業部の人たちに囲まれて「ツイートは削除しろ」と言われました
  • 読者の方からのお手紙やプレゼントを全部捨てられていた

金色のガッシュの雷句誠先生

  • 『金色のガッシュ!!』の連載終了を申し入れるがアニメ放映と映画公開が控えており、編集部は連載を引き延ばそうとする
  • 編集者の度重なるアイディアの強要にストレスが限界を超える
  • 原稿の一括返却の際に5枚のカラー原稿の紛失していた
  • 元アシスタントである漫画家が打ち切りになった

いいひと。の高橋しん先生

  • キャラクターの性格の要望も受け入れられず、酷いキャラ改悪
  • テレビドラマ化での改悪がきっかけで連載終了した
iihitodorama-kaiakutoraburu

YAWARAの浦沢直樹先生

浦沢直樹先生はYAWARA実写化の脚本に異を唱え、3日も徹夜して書いたが、試写会で完成した作品を観たところ、自分で書いた脚本は1行も使われていませんでした。

「怒り心頭に発しまして、記者会見を全部ボイコットしました」と振り返っています

アラタカンガタリの渡瀬悠宇先生

  • 小学館の担当編集はその場しのぎ同然の考えで展開をごり押ししてきて、 出すネームを何度も描き直しさせて、自分の思いどおりにならないネームは通してくれなかった
  • 混乱と憔悴で、創作意欲低下と漫画家やめよう、とまで追い詰められてしまった
  • 担当に「あなたの言うとおりに描かないとダメなら、もう私の作品じゃないですね」と言った

ワイルドライフの藤崎聖人先生

  • 「ワイルドライフの連載中にいいことなんてなかった。」とブログに投稿
  • 5年間ワイルドライフを描いてきてぶっちゃけ心の底から”よかった”と思ったことなどひとっつもないくらい、忘れたいくらいいい思い出のない作品
aizawatomoko-hyoubangensakukurassya

海猿の佐藤秀峰先生

  • 小学館とテレビ局は「映像化で一儲けしたい」という利害が一致し原作者を蚊帳の外に置いて動いていた
  • 関連書籍が無断で出版された
  • 出版社は、テレビ局には「原作者は原作に忠実にやってほしいとは言っていますけど、漫画とテレビじゃ違いますから自由にやってください」と言います

まとめ

小学館の過去の不祥事・トラブルをまとめました。

トラブルになった漫画家は

  • 快感♡フレーズの新條まゆ先生
  • しろくまカフェのヒガアロハ先生
  • 金色のガッシュの雷句誠先生
  • いいひと。の高橋しん先生
  • YAWARAの浦沢直樹先生
  • アラタカンガタリの渡瀬悠宇先生
  • ワイルドライフの藤崎聖人先生
  • 海猿の佐藤秀峰先生

の8名です。

表に出ていないトラブルもまだあるのかもしれません。

今後はトラブルの無いよう原因を解明していってほしいですね。

nakazonomiho-mangabokumetsugensaku