PS4コントローラー純正が生産終了?品薄・売ってない理由とPS5の関係は?

PS4コントローラ 品薄 なぜ
Pocket

PS4コントローラー純正が生産終了?品薄・売ってない理由とPS5の関係は?という記事を紹介します。

デュアルショック4(PS4コントローラー)が売り切れ続出で手に入らないという状態が続いています。

ゲーム機にはなくてはならないコントローラー。

まだまだ需要のあるPS4のコントローラーが品薄の理由やPS5との関係などもまとめました。

 

PS4コントローラー純正が生産終了?品薄なの

PS4コントローラー(デュアルショック4)が品薄で手に入りにくい状態となっています。

PS4のコントローラーは純正の物と非純正の物があり、デュアルショック4とは純正のコントローラーです。

非純正のコントローラーは種類も多く、安価なものも有ります。

 

 

PS4の発売元のソニーが発売しているデュアルショック4が純正で、ソニー以外が発売しているコントローラーが非純正という見分け方で良いと思います。

純正品のデュアルショックが人気なのはやはり安心感と操作の最適化です。

非純正品は安くて使いやすいコントローラーですが、ゲームごとに特化したコントローラーが多いようです。

値段は純正品がメーカー希望小売価格6,578円

非純正は3000円から5000円が主流ですが高価なものは1万円以上のコントローラーもありますね。

 

品薄の理由はコロナと関係ある?

コロナウィルスの影響で家で過ごす時間が増え、ゲーム需要が上がっているとも言われています。

エディオン調べでは、コロナで1番売れたのが空気清浄機、次にゲーム機、テレビ、オーディオ関係との事。

ゲーム機が売れればコントローラーの需要があるのは必然ですね。

スイッチも相変わらず品薄で、proコントローラーもスゴイ売れてるとの事。

 

 

PS4コントローラーが生産終了の噂やPS5との関係は?

2020年11月にPS5が発売されました。

この影響でPS4のコントローラーが製造中止になったのでは?との噂もあります。

 

PS5発売後にPS4proの製造は中止しています。

しかしPS4の500GBモデルはまだ公式サイトには掲載されており、ソニーの広報担当者によれば次のようなコメントも確認できました。

PS4ソフトウェアタイトルや周辺機器など、PS4プラットフォームのビジネスに引き続き注力する

PS4の周辺機器、つまり純正コントローラーは製造中止してない事が分かります。

以前より製造数は落ちているというよりは、やはり需要が供給を上回っていることが品薄の理由だと思われます。

ネットの声

 

 

まとめ

PS4のコントローラーが品薄の理由やPS5との関係などを紹介しました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です