長崎幸太郎のゴシップの内容は?週刊新潮の記事に信ぴょう性?

Pocket

山梨県知事の長崎幸太郎さんが話題です。

このコロナウィルスでの自粛ムードのなか、ご自身の給与を1円にすると発言しました。

この行為には賛否がありますが、何もしないよりは評価に値すると思います。

長崎さんは国会議員を3期務めた事もある政治家です。

山梨県知事・長崎幸太郎氏の経歴・学歴・週刊新潮のゴシップ記事などもまとめました。

 

山梨県知事・長崎幸太郎 wikiプロフィール・経歴

 

名前:長崎 幸太郎(ながさき・こうたろう)

生年月日:1968年8月18日

出身地:東京都

学歴:東京大学法学部

家族:妻と一男一女

 

長崎幸太郎 経歴

長崎氏は商店を経営する両親のもとに生まれました。

父親の出身が山梨県だったようです。

高校生の時に、東京大学3年生だった現在クイズ番組で活躍する林修さんから、数学を教わっていたそうです。

長崎知事は東大に合格したのは林修さんのおかげだと振り返っています。

東京大学の法学部を卒業後は大蔵省(現財務省)に入省します。

 

2005年、37歳の時に財務省を退官し、衆議院議員選挙に立候補します。

この選挙は郵政選挙と呼ばれ、自民党に造反した堀内議員の刺客として山梨2区で出馬しました。

結果は小選挙区では敗れましたが、比例で復活し国会議員となります。

 

以降、2009年の衆議院議員選挙で敗退

2012年、2014年の衆議院議員選挙で当選しました。

2017年では再び敗退。

2019年に山梨県知事選挙に立候補し、当選しました。

 

 

 

 長崎幸太郎の学歴(高校・大学)

長崎幸太郎知事は、

東京の名門・私立開成高校を卒業後、

東京大学法学部に進学・卒業しました。

 

私立開成高校 卒業

 

 

偏差値:78

卒業生:蜷川幸雄(演出家)

    伊沢拓司(クイズプレイヤー)

    落合陽一(メディアアーティスト)

 

住所:東京都 荒川区 西日暮里4-2-4

 

東京大学卒業

ご存じ日本最高峰の大学。

卒業生に著名人も多く、芸能界にも多数存在します。

 

 

偏差値:67.5

卒業生:岡田克也 (民主党代表

    岡部洋一 (放送大学学長)

    加藤登紀子 (歌手)

 

住所:東京都 文京区本郷7-3-1

 

長崎幸太郎 週刊新潮 ゴシップ記事とは

 


4年程の前の記事です。

要約すると、

1、長崎幸太郎さんの女性問題について

長崎幸太郎さんが吉原の〇〇〇ランドに足しげく通っている?

 

2、地元の秘書との不倫上海旅行

長崎幸太郎さんが地元の美人秘書と上海に不倫旅行に行き、

それが奥さんにばれて土下座して謝った?

 

3、金の貸し借りのトラブル

3000万円以上の資金提供を受けた〇まる氏という人物とのお金の貸し借りのトラブル

という事らしいです。

この事を週刊新潮に暴露したのは長崎氏の元有力後援者で、実業家の高山浩氏(仮名)と記事にありました。

 

信ぴょう性があるのでしょうか?仮名の人のてがみですからね。

選挙期間中の嫌がらせという可能性も無きにしも非ずです。

 

長崎知事はこうコメントを出しています。

これに対しては、私として、法的措置の検討を含めて対応済みです。
記事に取り上げた「手紙」の主たる高山(仮名)なる人物が、私の承知している方であるとすれば、暴力団と共犯で前科を有すると新聞報道されている方で、彼の一方的認識を文書化したものであり、あまり取り合うべき必要がない、と考えております。

この後に知事にも当選しているので、ただのゴシップ記事かもしれませんね。

 

まとめ

以上、長崎幸太郎のゴシップの内容は?週刊新潮の記事に信ぴょう性?の記事でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です