カルロスゴーンの自宅の場所はレバノンのどこ?爆発で家が破壊されたのは本当?

Pocket

カルロスゴーンの自宅の場所はレバノンのどこ?爆発で家が破壊された現状は?という記事を紹介します。

レバノンで大規模な爆発がありました。

メディアでも衝撃波などが報じられていましたね。恐ろしいです。

130人以上が亡くなり、まだ30万人以上の家が破壊されたとの事。

レバノンと言えば、少し前にカルロス・ゴーン被告が逃亡した場所ですね。

自宅はアーシュラフィーフと言われていますが、爆発現場からどのくらいの距離でしょうか。

場所や地図などをまとめました。

 

カルロスゴーンの自宅の場所はレバノンのどこ?

8月4日にレバノンで大規模な爆発があり、少なくとも135人が死亡、負傷者も5000人を超えているとの事です。

原因は2750トンの硝酸アンモニウムが安全対策が取られずに保管されており、爆発の原因とみられていますが、詳細は調査中です。

硝酸アンモニウムとは、硝酸とアンモニアの塩であり、燃料油と混合すると強力な爆発物になるそうです。

またアフガニスタンの武装集団は、即席爆発物として用いられることもあるとの事。

この爆発はSNSに投稿され、最初の小規模な爆発で白煙が上がった後、はるかに大きな爆発が起き、強い衝撃波をともなった爆風が広範囲に押し寄せる様子が報道されました。

この爆発であのカルロス・ゴーン氏の自宅も被害を受けているそうです。

 

ゴーン氏の自宅はどこ?

カルロス・ゴーン氏のレバノンの自宅はベイルートの港から約5キロ離れ、高級レストランやホテルが立ち並ぶアーシュラフィーフ地区にあります。

かなり近い場所です。

この物件は日産の所有だと言われ、訴訟問題に発展しています。

 

爆発で家が破壊された現状は?

ゴーン被告の妻・キャロル容疑者は取材に対して「私たちは全員、無事だったが、自宅は破壊された」と語っていました。

破壊されたという事はかなりの被害だったのかもしれません。

状況が分かり次第追記します。

ネットの声

まとめ

以上、カルロスゴーンの自宅の場所はレバノンのどこ?爆発で家が破壊された現状は?の記事でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です